月曜日。早稲田松竹ダニエル・シュミットを見に行く。
『べレジーナ』の度数20以上ありそうなリキュール「修道尼」は3ショット耐えればいくらでも飲める身体になるという(ロシア人もしくは山の民の底力?)恐るべき飲んだくれ映画だと忘れてた。それだけで、とりあえずシャンパン頼む人が滑稽に見える(『ヘカテ』はヒッチコックシャンパン映画みたいに始まるが)。それからは身体が火照り続けてるような映画。酔いから覚めた時には体制が転覆している(しかし最後には『今宵かぎりは』同様、限られた期間の祭りに過ぎない可能性は告げられるが)。泥水したヒロインのふらつき具合がSトミンさんに見えて仕方なかった。手紙を受け取る家族といい、パーティーで彼女の「友人」が勢揃いといい、戴冠式といい、多数の人を詰め込んだワンショットの真の豪華さ(または何気ない簡潔さ)にハッとさせられる。

 

ロメロ『There's Always Vanilla』恋人たちの部屋の扉を出入りする際に繋ぎ間違いが起きたり、起床したら目覚まし代わりにテレビかラジオかわからない音声が聞こえたり、そもそも何かわからない音が聞こえ(それは次の場面から先に聞こえてきている音なのだが)、常に壁はありながら破られたように内側は外側からの影響から逃れられない。常に外側の出来事(主に音声)から逃れられない男女の部屋とは映画そのもの(「映画館」そのものが館の外の出来事・社会と切り離せない上に、また視聴環境としては自宅のテレビやパソコンで映像を見る時も外の音からは逃れられない)かもしれない。箱から飛び出し浮上する赤と青の風船に『ゾンビ』のヘリコプターが予告されている。やはり妙に先行きは見えず、何らかの空洞を感じさせて、暗い。

ok.ru