読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『受難』。『ともしび』の壁・天井越しの恋愛が岩佐真悠子の上半身と下半身の間で今度は交わされる。自らの身体の一部なのに、鏡を使わなければ互いに顔を見せることもできない関係(女性器の古館寛治は大半のシーンで彼女の行動を声でしかわからないのか?)。彼女は性器と会話するために股を広げて覗き込む必要があるが、時折見下ろすべきところで見上げてしまう。石を投げられ気絶した彼女を女性器が動いて這っていくカットでは、まるで性交時に上に乗った古館と目が合ったかのように、彼女は目を覚ます。女性器とのやり取りにおける視線のズレは、ラストカットまで引き継がれていくことになり、いつしか彼女の肉体を飛び出して下へ、上へ向かう。
ヘッドフォンをしてCDプレイヤーを抱きながら踊る岩佐真悠子のカットに、CDとは別の音楽が流れ、さらに女性器の声まで重なり、窓に映り込んだ自分の顔を見て、そして男女のデュエットになる流れが美しかった。映画は女性器との恋愛になり、そして他の男性たちは、別の女性たちとの関係をときにフレームの外で発展させていく。